3.1.  1年後アンケート

担当:大和

 

1.1年後アンケートの目的

1年後アンケートは、本年度のコース実施にあたって、昨年度以前に参加した学習者にとって有効だった学習項目やアクティビティを明らかにしたうえで、本年度のカリキュラムデザインをよりよいものにするために行われた。アンケートの概要は以下のとおりである。

 

実施対象者:現在名古屋市のAETとして勤務するコース参加経験者

1年後アンケートは原則として1年前に参加した学習者全員について行われているものである。本年度は、事前に渉外係を通して、通常AETの任期は2年であるものの、全員がそれに該当するわけではなく、それ以上AETとして勤務している者もいるとの情報を得た。そのため、1年前のコース受講者にかかわらず、以前コースに参加したAET、つまり現在も滞日中のすべてのAETにアンケートの協力を依頼した。

 

実施場所:教育館

 

実施日時:6月28日 AET対象の会議後

渉外係を通して6月28日のAETの会議後に、本コースについて説明をする時間をいただくことができた。その際、本年度のコース参加者の募集、コース参加希望者への事前アンケートと合わせて、1年後アンケートを行った。

 

 

2.アンケート作成について

1年後アンケートは、昨年度のものを参考に、質問事項を分析し、以下のような点に注意してアンケートを作成した。

1)選択式の回答だけではなく、一部の質問を学習者に自由に書いてもらうようにする。

昨年度は、回答者の時間的な負担を考慮して選択式の質問を多くしたことが報告されていた。しかし、選択式の質問では回答の自由度が少なく、詳しい内容を分析し、カリキュラムデザインの参考にしにくいというデメリットがある。そこで、「コースで学びたかったこと」と「アクティビティに関する提案」は自由に回答してもらうことにした。時間的な負担を考慮し、問題数を多少減らす工夫を行った。

2)質問事項の内容は、昨年度新たに加えられたテキストに関する質問も含め、基本的に昨年度のものを参考に作成した。

 

3.アンケートの結果

アンケートの結果は以下の通りである。

学習者の参加年度と参加クラスによってコースで行ったアクティビティや学習項目が異なっている。そこで、質問1、2で学習者の参加年度とクラスについて質問した。

 

1.   あなたは何年度の名大のプログラムに参加しましたか?

□〜2001(3)     □2002(4)     □2003(11)

2.   あなたはどのクラスに入っていましたか?

□ゼロ初級(8)     □初級(2)     □中級(1)     □上級(7)

 

以下、参加年度とレベル別に結果をまとめる。

 

 

4.アンケートの結果の活用

今年度の1年後アンケートは、Aクラス(ゼロ初級クラス)とCクラス(中級クラス)では、カリキュラムデザインを考える上で役に立った。特に、今年度のCクラスに該当するような中級レベルの学習者は、今年度に限らずコース参加者の中には数少なく、彼らのカリキュラムへの満足度などはカリキュラムデザインを行ううえでとても参考になった。

その一方で、近年AETとして名古屋市で勤務する人のAETになるまでの学習歴などの背景は多様になっている。数年前までは、JETプログラムを通じてAETになる者がほとんどだったが、ここ数年でその事情もかなり異なってきている。それにつれて、日本に長期滞在している学習者がコースに参加してくることも多く、当然彼らのニーズやコースへの満足度は、従来のコース参加者とは異なってきていると思われる。AETとなる者の背景は、来年度以降も変動していくものと思われ、必ずしも1年後アンケートで、コースのカリキュラムデザインを適切に決定できるとは限らないことに、留意する必要があるだろう。

 

→戻る
Topへ