春期教育実習

1.目的と概要
1.1 目的
 春期教育実習の第一の目的は、教案の作成、授業の準備と実施、問題点の発見という日本語授業の一連の活動を実際に体験することである。実習を通して、日本語教育の現場を客観的に観察することで、教授法だけでなく、事前準備や教室でのティーチャートークなど、日本語教育にかかわる様々な項目を学び、教室で生じる問題点を発見し、自分なりの考え方を形成する。

1.2 春期日本語集中講座の概略
名称:名古屋大学留学生センター2002年度春期日本語集中講座
開講期間: 2002年2月19日〜2002年2月3月12日
実習クラス:初級
対象:名古屋大学に在籍する外国人留学生、客員研究員、外国人教師など
学習者の出身国:バングラディシュ、ウズベキスタン、フィリピン、ベネズエラ、ミャンマー、ラオス、ブラジル、エジプト、ポーランド、ブータン、ポルトガル、モンゴルほか
登録学習者数:23人
使用教科書:新A Course in Modern Japanese Vol.2(名古屋大学総合言語センター日本語学科編名古屋大学出版会1983に改訂を加えたもの)

2.実習の実施

実習生

日時

担当課

学習項目

三谷閑子

2月19日

12

〜たら

 

2月26日

14

〜つもり/〜はず

呉禧受

2月20日

12

〜ために

 

2月26日

14

〜ないでください/〜まで・までに

寺島佳子

2月22日

13

A(する)とB

 

3月4日

16

謙譲語

萩原由貴子

2月22日

13

〜なる/〜する

 

3月4日

16

〜そう/さしあげる・いただく・くださる

跡部千絵美

3月1日

16

〜そうだ(伝聞)

 

3月8日

18

〜ても

奥村愛子

3月5日

17

補助動詞のやりもらい表現

 

3月8日

19

使役表現

香川由紀子

3月5日

17

〜とおもう/〜のに

 

3月11日

19

使役受身

川上尚恵

3月7日

18

〜ようだ

 

3月12日

20

インフォーマルスピーチ

※ 「日本語教授法及び実習」の履修者のみ掲載。

 

3.反省点
 次年度の「日本語教授法及び実習」の授業の中で、春期実習の反省点について各自発表した。発表の際には、実習時に記録したビデオも見せた。以下ではこの授業において報告された点を中心に、授業見学、実習の準備、実習の実施の3項目について反省点や留意点などをまとめる。
 
3.1授業見学
 実習生はTAの行う授業だけでなく、実習生の授業もお互いに積極的に見学した。日本語授業の見学ができるということは非常に貴重な経験であり、多くのことを得ることができた。TAの授業を見学することで、教授経験があるからこそ生まれる教えるときのコツや工夫を知ることができた。また学習者からの質問に対応する時も、あわてることなく落ち着いて対応されており、見習うべきことは多々あった。自分の担当のTAだけでなく、TAそれぞれの授業を見学することで、各TAの個性の現れた様々なタイプの授業を見ることができた。また、実習生同士で授業見学をし合うことにより、授業の中でよかった点、悪かった点を把握し、次の授業に生かすことができた。他の実習生の授業を見学すると、自分が授業を行っている時には気づかないことがいろいろ見えてくるため、TAの授業だけでなく、各実習生の授業も積極的に見学すべきであると思う。
 
3.2実習の準備
・授業で絵カードを使用する時、既製のもので用意できないときは実習生が作成した。この作業はかなり時間と労力がかかり、苦労した実習生が多かった。今回は実習であるので1つの授業に対して準備する時間がたくさんあったからこそ、このような準備もできたのであるが、実際に授業を行うときには毎回十分に時間があるとは考えにくい。既製のものをうまく活用する授業計画を立てることも工夫の1つであると考えられる。また、作成した絵カードは実習生同士で使いまわしができるところは使いまわしをし、無駄に作り過ぎないようにした。今回作成した絵カードが今後の実習でも活用できるとよいと思う。
・授業で配布するプリントは、そこで使用する語彙や絵などが適切であるか十分に注意す
る必要があった。
・教案を作る際に、板書計画もしっかり立てておかないと、授業の時にあわてたり、板書に時間がかかったり、書き方が見にくくなってしまったりする。上に述べた配布するプリントや板書計画についても、教案とともにTAにチェックしていただいたほうがよい思う。
・授業で学習者からどのような質問がくるかをあらかじめ予想し、準備しておくべきだった。
・難しい語彙や新しい語彙は英語で何というか事前に調べておくべきだった。
・教案は、授業中にちらっと見てすぐ必要箇所が分かるように、見やすく作るべきだった。

3.3授業の実施
<時間配分>
・復習に時間をとりすぎた。
・説明が長くなりすぎた。
<教師のしぐさ>
・自信がなさそうにみえた。
・時計を見すぎた。
・教案を見すぎた。
・立つ場所や顔の方向、絵カードの見せ方がよくなかった。
・学習者が個別の作業をしているときの教師の振舞い方がよくわからなかった。
<話し方>
・未習の言葉で使用してしまい、説明を求められた。
・方言のアクセントを使用する場合があった。
・明確な指示ができなかった。
<板書>
・余計な板書が多かった。
・見にくい書き方をしてしまった。
・無言で板書していたため、間があいてしまった。
<対応>
・学習者の対応を待たずに、自分が先に言ってしまうことが多かった。
・指名の順序を学習者に予測できないようにするべきだった。
・学習者のいい質問答えを有効的に使い、話を広げていくべきだった。
・予想外の答えが返ってきたときや、学習者からの質問、教案の変更部分に対して、臨機応変に対応できなかった。
<その他>
・プリントを配るタイミングを考える必要がある。
・学習者が何をどれだけわかっているのかがつかめず、戸惑ってしまった。

4.まとめ
 教室で複数の学習者に対して日本語の授業を行うのは初めての実習生が多かったが、実習生2〜3人に対して1人のTAがつき、教案の作成から実習における問題点の指摘まで細かい指導を受けることができた。実習を行うことによって、教材の作成や使い方の工夫、時間配分、既習の言葉によって説明を行うことなど、見学ではわからない部分の難しさを実感した。上に挙げたように反省点は多々あるが、TAや他の実習生の授業見学も積極的に行い、授業の準備には時間をかけて、熱心に取り組めたのではないかと思う。

 

 目次