2.2 渉外(内部)+会計・備品

担当:跡部・萩原

 使用教室の確保、実習用備品の調達、ウェルカムパーティー・フェアウェルパーティーの準備を担当。
 昨年度の教室使用状況と今回の参加者の人数(学習者16名、実習生7人、合計23人)を考慮し、言語文化部事務室で2階日言文演習室、1階多元演習室、1階A会議室の教室使用許可届を提出した。(5月22日)日言文演習室の許可はすぐ取ることができ、またA会議室も使用希望期間内に会議がない限り許可が出る。多元演習室は他専攻の管轄であるため、許可を取るのに2,3日かかる。また、実習期間中は、教室の入り口に「AET日本語教育実習のため、〜日から〜日の〜時から〜時まで教室を使用します」という掲示をする。
 各教室で使用可能な機器(テレビ、ビデオ、パワーポイント用スクリーン等)を確認し、各クラスが主に使う教室を決定した。使用教室と使用可能な機器は以下のとおりである。
     クラス1:日言文演習室(テレビ、ビデオ、スクリーン)
     クラス2:多元演習室(テレビ、ビデオ)
     クラス3:A会議室
 ビデオやスクリーンを使う予定のクラスは、適宜教室を移動するよう調整し、教室使用予定表を作成した。また、授業中にインターネットを使用する場合には、日言文院生室または25番教室のパソコンを一時的に使用し、使用予定の時間帯を事前に連絡しておいた。
 尚、A会議室の入り口と多元演習室のビデオは、通常鍵がかかっているため、使用する際には言語文化部棟事務室で鍵を借りるようにする。

 授業の準備や実際の授業に必要な備品を買う際には、早めに助手の先生と連絡をとり、生協に一緒に買いに行っていただくよう依頼する。ただし、一部業者から買わなければならないものもあり(助手の先生に確認)、もしも業者から買うものがある場合には、取り寄せに多少時間がかかるため、早めに依頼する必要がある。
 以下は、今年度購入した備品のリストである。
・ クリアファイル(3つ)・・・アンケート等保存用
・ 2穴式ファイル(3つ)・・・教案、教材保存用(各クラス1つずつ)
・ フロッピーデスク(10枚)・・・教科書、教案、教材、諸連絡事項保存用
・ MO(2枚)・・・実習後のホームページ作成用 
・ VHSビデオテープ(40本)・・・授業記録用、ダビング用
・ DVCビデオテープ(36本)・・・授業記録用、ダビング用
※授業記録用のビデオカメラは院生室にある古いものを2台、デジタルビデオカメラを1台(大曽先生に貸していただいた)使用した。今年の実習用に生協で買った最新のデジタルビデオカメラ(SONY製)は、適したビデオテープが生協に売っていなかった(注文しても時間がかかってしまう)ため、結局使えなかった。尚、古くて大型のビデオカメラは本体とコードとの接続が悪く、うまくビデオが取れないこともあった。
・ 画用紙(50枚)
・ 色画用紙(約25枚)
・ 厚紙(10枚)
・ B紙(10枚)
・ カラーマジック(1セット)
・ 黒マジック(10本)→業者より購入
・ のり(3本)
・ セロテープ(2つ)
・ 名前シール(40枚)・・・パーティー用
・ 半紙(100枚)・・・アクティビティー用
・ 墨汁(1つ)・・・アクティビティー用
・ うちわセット(25セット)・・・アクティビティー用

 各パーティーの概要とかかった費用は以下のとおりである。
・ ウェルカムパーティー
場所:多元演習室
日時:8月15日木曜(初日3限目)
参加人数:25名(学習者16名、実習生7名、指導教官1名、教育館の先生1名)
用意したもの:スナック菓子、ジュース(5本)、紙コップ、紙皿、ペーパーナプキン等
費用:約3500円(菓子は余ったので実際は2500円程度の予算で準備すれば十分であった)
プログラム:
1. 実習生からの挨拶(日本語と英語で)
2. 日本語でのフリートークタイム(約20分間)
  学習者と実習生、また学習者同士、できるだけ英語に頼らないで日本語で会話をした。学習者に予め渡しておいた、日本語での質問の仕方と答え方が書いてあるプリントが、大変役に立った。20分間日本語だけで話す、というルールがあったので、学習者も必死になって日本語で話をしていた。また、会場が立食形式で設営してあったので、いろいろな人と自由に会話ができてよかったと思う。
3. 自己紹介
  1、 2限の授業で学習した自己紹介を実践した。

・ フェアウェルパーティー
場所:A会議室
日時:8月23日金曜(最終日3限目)
参加人数:23名(学習者15名、実習生7名、指導教官1名)
用意したもの:ピザ(5枚)、スナック菓子、ジュース(5本)、紙コップ、紙皿、ペーパーナプキン、実習生が各自用意したおにぎり・サンドイッチ・果物等
費用:約10000円(ピザ7350円、ジュース1600円、菓子類1050円)
プログラム:
1. 実習生からの挨拶(日本語と英語で)
2. 乾杯
3. 各クラスの出し物発表
  クラス1は「明日があるさ」の替え歌「Hanabi」、クラス2は「漢字ゲーム」、クラス3は寸劇を発表。
4. 一言スピーチ(日本語で)
  学習者、実習生全員による一言スピーチを行った。クラス1も、前日の授業で考えたスピーチを頑張って発表できた。

 最後に、会計の内訳は以下のとおりである。

収入:16000円(テキストその他の代金として学習者より1人1000円×16名分集めた)
支出:6月17日 教育館訪問用お菓子代(1年後アンケートを行うため) 850円
   8月14日 ウェルカムパーティー用お菓子・ジュース代 3550円
   8月20日 初級授業用お菓子 281円
8月22日 ウェアウェルパーティー用お菓子・ジュース代 2646円
   8月22日 ウェアウェルパーティー用ピザ代             7350円
   8月30日 写真代 924円
残高:399円

 

 目次

 2.各係の仕事

 2.1 渉外(外部)

 2.3 書記