2000年度日本語教育実習 研究レポート

◆大津友美「クラス決定のための学習者情報の収集とその問題点」

◆佐藤有希子「レベル差があるクラスの運営および管理について-初級クラスにおいて-」

◆馬場典子「レベル差があるクラスへの対処に関する一考察」

◆半谷優子「身近な事柄に関するスピーチ-豊富なインターアクションを生む授業-」

◆深川美帆「教師の質問と指示についての一考察-初級クラスにおける質問のタイプに注目して-」

◆船津明生「授業のなかで日本文化・日本事情をどう教えてゆくか−AET2000を終えて−」

◆山田 薫「上級クラスにおける方言指導授業・名古屋弁の場合」

◆李欣怡「AET夏季実習のアンケート調査について」


<2000年度教育実習報告書目次へ> 


名古屋大学大学院国際言語文化研究科
日本言語文化専攻