学内 『ことばの科学』(1-10号)『ことばの科学』(11号- )『言語文化論集』『人文科学研究』『日本語・日本文化論集』その他
国内 『日本語教育』『世界の日本語教育』『言語研究』『日本語文法』『日本語科学』『日本語学・日本語教育論集』その他(学会、研究会誌)その他(紀要など)    
海外 『韓日語文論集』/『日語学習与研究』/『日本文化論叢』/『日本文化研究』/その他

※オレンジ色は共著者を示す  
『日本語・日本文化論集』(名古屋大学留学生センター)
水田澄子・深尾百合子
向井淑子
A Course in Modern Japanese vol. 1, 2「会話文」による場面・表現意図シラバス中心の会話教育の試み 01号:1993年

鷲見幸美 テイルの意味機能 04号:1996年

田中京子 ラテンアメリカ出身留学生の学業・生活への適応要因について ―在日留学生35名へのアンケート調査報告― 04号:1996年

鹿島央・橋本慎吾 日本語学習者の音調分析試論 ―韓国語を母語とする学習者の場合― 05号:1997年

鷲見幸美 動詞「ぬく」の多義構造 07号:1999年

田中聡子 存在表現と知覚 ―レベルのまたがりと発見の構文― 07号:1999年

田中聰子 存在表現と知覚 ─レベルのまたがりと発見のスクリプト─ 07号:1999年

李澤熊 主体の意図に関わる副詞(的機能を持つ表現)について ―非意図的であることを表す語を中心に― 08号:2000年

鈴木智美 現代日本語研究における「モダリティ」の定義 ―「主観性」をキーワードとすることの適切性について― 08号:2000年

田中京子 Voices from Former Latin American Students in Japan ―Their main reentry issues and suggestions to prospective students― 08号:2000年

鹿島央・橋本慎吾 日本語リズムの誤レベルでの特徴について ―北京語話者の場合― 08号:2000年

武藤彩加 動詞「きく」(聞・聴・訊・効・利)の意味分析 09号:2001年

李澤熊 副詞(的機能を持つ表現)の類義語分析 ―敢えて、強いて、無理に、無理矢理(に)― 11号:2003年

村上京子・小室輝代・三谷閑子 日本留学試験「記述問題」における採点基準の見直し 11号:2003年

李澤熊 疑問詞「どこ」について 12号:2004年

廣瀬裕子 多義語「かける」の基本的意味 ―類義語「のせる」「さげる」「かぶせる」との対応による意味の異なり― 12号:2004年

李澤熊 副詞の性質に関する一考察 ―類義語分析を通して― 13号:2005年


BACK TO TOP